PHEVで走れ!環境にも財布にも優しいクルマの最強の味方

EV/PHEV

経済的で環境に優しいPHEV自動車の仕組みから選び方までを徹底解説。燃費の良さ、静粛性、EVモードの利点など、メリット・デメリットを詳しく解説しています。おすすめのPHEV車種も紹介しているので、PHEVに興味がある方は必見です。

近年、環境にやさしく経済的なクルマとして、プラグインハイブリッド車(PHEV)が注目を集めています。PHEVは電気自動車(EV)とハイブリッド車の長所を併せ持ち、エンジンとモーターを使い分けることで、様々な利点を生み出しています。本記事では、PHEVの仕組みや特徴、メリット・デメリット、さらには代表的な車種までを詳しく解説していきます。PHEVへの理解を深め、自分に合ったクルマ選びの一助となれば幸いです。

PHEVの仕組みと特徴

PHEVは、ガソリンエンジンと電気モーターを搭載しており、この2つの動力源を使い分けながら走行することができます。バッテリー残量に応じてモード切り替えが可能で、EVモードでは電気のみで走行し、ハイブリッドモードではエンジンとモーターの両方を使用します。

外部充電が可能

PHEVの大きな特徴は、家庭用コンセントや外部の充電スタンドから、車載バッテリーを充電できる点にあります。このため、燃料代がほとんどかからない電気だけで走行できる区間が広がります。完全な電気自動車ではありませんが、日常的な近距離走行ではEVモードを活用できるのが魅力です。

各メーカーの主力PHEVモデルを見ると、EVモードでの走行可能距離は40km~100kmと幅があります。トヨタ新型プリウスPHEVは98km、三菱アウトランダーPHEVは65km、マツダCX-60 PHEVは39kmといった具合です。自分の用途に合わせて適切な航続距離を選ぶことが重要でしょう。

大容量バッテリーの搭載

PHEVには、ハイブリッド車に比べて大容量のリチウムイオンバッテリーが搭載されています。高電圧の大電力を蓄えられるため、EVモードでの走行が可能になっているのです。バッテリー容量は10kWh~20kWh程度が一般的で、高級車ではさらに大容量のバッテリーが採用されている場合もあります。

大容量バッテリーには、もう一つ重要な役割があります。PHEVを家庭の非常用電源として使えるという点です。バッテリーからの給電や、エンジン動力での発電が可能なため、災害時や停電時に活躍できるのが魅力的です。

燃費性能に優れるハイブリッドシステム

PHEVは、ガソリンエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用しています。発進時や低速走行時はモーターを使い、高速クルージングではエンジンを使うなど、状況に応じて最適な動力源を使い分けることで、燃費性能を高めています。

実際の燃費値は、トヨタRAV4 PHVが23.0km/L、三菱アウトランダーPHEVが16.8km/Lと優れた数値を示しています。ガソリン車に比べて燃料代を大幅に抑えられるのがメリットの一つです。

PHEVの長所と短所

PHEVには、さまざまな長所と短所があります。ここでは、主なメリット・デメリットをまとめて解説していきます。

メリット:燃費性能と経済性

PHEVの最大のメリットは、燃費性能に優れ、ランニングコストが抑えられる点にあります。EVモードでの走行では、ガソリン代がほとんどかからず経済的です。また、ハイブリッドシステムにより、ガソリンを使う場合でもハイブリッド車以上の燃費性能を発揮します。

さらに、PHEVの購入時には補助金の対象となり、自動車税などの減税措置もあるため、初期コストを抑えられるのも大きな魅力です。ランニングコストと初期コストの両面で経済的なクルマといえるでしょう。

メリット:静粛性と加速性に優れる

EVモードでの走行時は、エンジン音がなく非常に静かです。また、モーターの特性を生かした線な引きを実現し、スムーズな加速が体感できます。PHEVは、静粛性と加速性の両立を図れる環境にやさしい車なのです。

さらに、ハイブリッドシステムのメリットとして、エンジンとモーターのアシスト効果で、高出力な走りも可能になっています。レスポンスの良い走りを望む方にもおすすめできるでしょう。

デメリット:高価格と重量

PHEVの課題は、まず車両価格が高めであることが挙げられます。ハイブリッド車よりも高価格なモデルが多く、400万円前後からの価格設定が一般的です。また、大型のリチウムイオンバッテリーを搭載しているため、車両重量が増す傾向にあります。

さらに、ガソリンを長期間使用しないと劣化するリスクがあり、定期的な運転が必要になるデメリットもあります。補機バッテリーへの過剰な負荷など、いくつかの注意点も存在します。

PHEV車の代表的な車種

日本国内で発売されているPHEV車には、ハイブリッド車の系列モデルや、新たに投入された専用モデルなど、様々なグレードのラインナップがあります。ここでは主要な車種を紹介していきます。

トヨタの主力PHEV車種

車種名 EV走行距離 特徴
プリウスPHV 約98km コンパクトなパッケージングと静粛性に優れる
RAV4 PHEV 約95km SUVモデルで4WDを実現、アウトドア向け
クラウンPHEV 約69km 大型セダンで高級感と走行性能を両立

トヨタは、プリウスをはじめとするPHEVラインナップを強化しています。低燃費と静粛性を追求したプリウスPHVに加え、4WDのRAV4 PHEVは、SUV車でありながらEV走行も可能というアドバンテージがあります。さらに、最近ではクラウンにもPHEVモデルが投入されるなど、徐々にラインナップが広がっています。

三菱の人気PHEV車種

三菱自動車は、PHEVのパイオニアとして知られています。主力車種は以下の通りです。

  • アウトランダーPHEV: 三菱が誇る4WDのSUV車。EVモード65km、高い走破性を実現
  • エクリプスクロスPHEV: コンパクトSUVタイプのPHEV。EVモード60km以上の航続距離

三菱のPHEV車は、アウトドアなどでの活用を想定したモデルが多数ラインナップされています。トヨタ同様、SUVタイプのPHEVに注力しているのが大きな特徴です。また、全車種でV2H機能(車載バッテリーからの外部給電)を装備しており、災害時の非常用電源としても重宝されます。

外国車ブランドのPHEVモデル

輸入車メーカーからも、PHEVモデルが次々と投入されています。主なラインナップは以下の通りです。

  • BMW 330e: BMWの3シリーズをベースにした高級セダンPHEV
  • ポルシェカイエンEハイブリッド: 強力な走行性能とEV走行を両立したSUV
  • フォードエスケープPHEV: フォード初のPHEVで航続距離約60km

外国車ブランドのPHEVは、スポーティな走行性能とデザイン性に優れたモデルが多数ラインナップされています。BMWやポルシェなどの高級車をはじめ、フォードのアクティブSUVモデルなども登場するなど、PHEVの選択肢が広がってきました。

PHEVの賢い選び方

PHEVは、用途や価格設定など、様々な点で選び方のポイントがあります。ここでは、PHEVを検討する際のアドバイスをお届けします。

EVモード航続距離のチェック

PHEVを選ぶ上で最も重要なポイントが、EVモードの航続距離です。通勤や近場の移動であれば40km程度の距離で足りますが、遠方への移動も多いのであれば、より航続距離の長いモデルを検討するべきでしょう。

メーカー公表値とは別に、実際の走行データなどもチェックすると良いでしょう。季節や渋滞の影響で航続距離が変化する場合もあり、自分の用途に合わせて慎重に検討する必要があります。

価格とランニングコストのバランス

次に重要なのがコストです。PHEVは車両価格が高額なものが多いため、ランニングコストの軽減効果を十分に享受できるか、検討する必要があります。

通勤距離が短く、ほとんど電気で走れるようであれば、補助金制度も活用しやすくなります。一方、ガソリンを多用する場合は、高価格のPHEVを選ぶメリットが薄れてしまうかもしれません。燃費性能やコストバランスを総合的に判断しましょう。

アウトドア性能への配慮

PHEVは電気自動車とハイブリッド車の長所を兼ね備えているため、アウトドアなどのレジャーシーンでも活躍できるのが魅力です。

遠方のキャンプ場やコテージなどで電源が必要な場合、車載バッテリーから給電できるV2H機能は大変重宝します。また、SUVタイプの車体は、悪路走破性に優れているため、アウトドア志向の方におすすめできるでしょう。三菱のアウトランダーPHEV、トヨタのRAV4 PHEVなどがその代表例といえます。

まとめ

PHEVは、EVとハイブリッド車の中間的な存在として、様々な特徴を持つクルマです。環境にやさしく、燃費性能に優れ、加速やパワー性能も高い走りを実現しています。一方で、車両価格が高額であることや、ガソリンの劣化リスクなどのデメリットもあります。

自分の用途を考えながら、EVモード航続距離やランニングコスト、アウトドア性能など、様々な側面から検討を重ね、最適なPHEV車を選ぶことが重要です。燃費に優れ、経済的で静粛性の高いPHEVは、次世代の環境車として一層注目が高まるでしょう。

よくある質問

PHEVの特徴は何ですか?

PHEVは、電気自動車(EV)とハイブリッド車の長所を併せ持ち、状況に応じてエンジンとモーターを使い分けることができます。外部充電が可能で、大容量バッテリーを搭載しているため、電気だけで長距離走行できるのが大きな特徴です。また、ハイブリッドシステムにより優れた燃費性能も実現しています。

PHEVの長所と短所は何ですか?

PHEVの主なメリットは、燃費性能と経済性の良さ、静粛性と加速性の高さなどです。一方で、車両価格が高めであることや重量増加といったデメリットもあります。また、ガソリンを長期間使用しないと劣化するリスクもあります。

PHEVのラインナップはどのようなものがありますか?

トヨタのプリウスPHV、RAV4 PHEV、クラウンPHEVや、三菱のアウトランダーPHEV、エクリプスクロスPHEVなど、さまざまなメーカーの主力PHEVモデルが発売されています。輸入車ブランドからもBMW 330eやポルシェカイエンEハイブリッド、フォードエスケープPHEVなどが登場しています。

PHEVを選ぶ際のポイントは何ですか?

PHEVを検討する際のポイントは、EVモード走行距離、価格とランニングコストのバランス、アウトドアでの活用性などです。自分の用途に合わせて最適なモデルを慎重に選ぶことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました