【徹底解説】EV自動車のメリット・デメリットを理解して賢く選ぶ方法

EV/PHEV

環境に優しく燃費の良いEV自動車が注目されています。しかし航続距離の短さや価格の高さなど課題も。この記事ではEV自動車の特徴や選び方のポイント、メリット・デメリットを詳しく解説します。賢くEV自動車を選ぶための情報満載の一本です。

はじめに

近年、地球温暖化問題への対策として、環境に優しい電気自動車(EV)の普及が加速しています。EVは従来のガソリン車に比べ、CO2の排出がなく、静粞性と加速性能に優れています。本記事では、EVの特徴、選び方のポイント、メリット・デメリットなどを幅広く解説していきます。

EVとは

まず、EVとは一体何なのか、その概要から説明しましょう。

EVの定義

EVとは、Electric Vehicle(電気自動車)の略称で、ガソリンエンジンではなく電気モーターを動力源とする自動車のことを指します。バッテリーに蓄えられた電気エネルギーを使って走行するため、走行時にCO2を排出しません。

EVには大きく分けて以下の4種類があります。

  • BEV(Battery Electric Vehicle) : バッテリーのみで走る電気自動車
  • PHEV(Plug-in Hybrid Electric Vehicle) : バッテリーとガソリンエンジンの両方を併用するハイブリッド車
  • HEV(Hybrid Electric Vehicle) : バッテリーとガソリンエンジンを使うハイブリッド車
  • FCEV(Fuel Cell Electric Vehicle) : 水素と酸素の化学反応で発電し、その電気でモーターを駆動する燃料電池車

EVの歴史

EVの歴史は古く、19世紀半ばに最初のEVが誕生しました。しかし、その後ガソリン車が主流になり、EVの発展は遅れていました。近年、地球温暖化対策の一環として、EVが再び注目を集めるようになりました。

日本では1990年代後半から本格的なEV開発が始まり、2009年に日産リーフが発売されました。以降、各メーカーからEVが次々と投入され、普及が進んでいます。

EVを選ぶポイント

EVを購入する際は、次のようなポイントに注目する必要があります。

航続距離

EVの最大の懸念点は航続距離の短さです。バッテリーの容量が小さいと、1回の充電で走れる距離が短くなります。長距離を走行する際は、この点を重視して、航続距離の長いモデルを選びましょう。

代表的なEVの航続距離はこのようになっています。

車種 航続距離
日産リーフe+ 約458km
テスラモデル3 約568km
三菱eKクロスEV 約180km

価格

EVは一般的にガソリン車より高価格となっています。しかし、国や自治体による補助金制度を利用すれば、実質的な購入価格を抑えられます。

EVの価格は車種によってさまざまですが、500万円以下の比較的リーズナブルなモデルも存在しています。

充電環境

EVの使い勝手は、充電環境に大きく影響されます。自宅に充電設備があれば便利ですが、マンションなどでは設置が難しい場合もあります。外出先の充電スポットの多さも、長距離ドライブの際は重要なポイントです。

最近では、主要な高速道路のサービスエリアに充電設備が整備されつつあり、充電環境は年々改善されてきています。

EVのメリット

EVには多くのメリットがあります。主なものは以下の通りです。

環境性能

EVの最大の魅力は、走行時にCO2をまったく排出しないことです。地球温暖化対策に大きく貢献できます。また、バッテリーを電気で充電できるため、資源の枯渇にもつながりません。

ただし、電気自体を発電する際の排出量を考えると、EVの環境負荷がゼロとは言えません。しかし、発電方式次第では、ガソリン車に比べてCO2排出量を大幅に削減できます。

静粛性・加速性

EVはエンジン音がないため、静かな走行を実現します。また、モーターの特性上、スムーズな加速性能に優れています。乗り心地の良さも、EVの大きな魅力です。

高級EV車種の中には、0-100km/h加速で3秒台を叩き出すハイパフォーマンスモデルも存在します。

経済性

ガソリン代がかからないEVは、ランニングコストが抑えられます。航続距離にもよりますが、電気代の方が燃料費よりずっと安くすみます。

ただし、高額なバッテリー交換費用が課題となっており、長期的にみるとガソリン車に分があるかは定かではありません。

EVのデメリット

EVには魅力的な面がある一方で、いくつかのデメリットも存在します。

航続距離の短さ

先に述べた通り、EVの最大の課題は航続距離の短さです。バッテリー容量が小さいと、充電が非常に面倒になります。長距離ドライブには向いていません。

近年、航続距離は伸びてきているものの、ガソリン車に比べると依然として見劣りします。これがEV普及の足かせとなっています。

充電時間の長さ

完全に充電するのに時間がかかるのも、EVの大きな課題です。急速充電器を使えばある程度は解消できますが、一般家庭の200V充電は数時間かかります。

ガソリンを給油するスピード感に比べると、非効率的であることは否めません。充電時間の短縮が望まれます。

価格の高さ

EVは車両価格が高額となる傾向にあります。バッテリーコストが大きな要因となっています。一般的なガソリン車と比べて100万円以上の価格差がつくモデルも多くあります。

ただし、各種補助金制度を利用することで実質的な負担は抑えられる場合があります。また、技術の進歩によりバッテリーコストが下がれば、将来的には価格も下がっていく可能性があります。

まとめ

EVは地球環境に優しく、快適な走行性能を持つ次世代の自動車といえます。導入が進めば、CO2排出量の大幅な削減が実現できます。一方で、航続距離や充電のし易さ、価格など、ユーザーサイドから見た課題も残されています。今後、技術の進歩により徐々に改善されていくことが期待されますが、EVの本格普及には、より一層のインフラ整備と補助制度の充実が不可欠です。

購入を検討する際は、航続距離や価格、使用環境などを総合的に勘案する必要があります。ガソリン車との使い分けを含め、自身のニーズにあったクルマを選ぶことが大切でしょう。地球環境へも配慮しつつ、魅力的な走りを楽しめるEVの可能性は十分に高いと言えます。

よくある質問

EVの航続距離は短いのか?

EVの最大の懸念点は航続距離の短さです。バッテリー容量が小さいと1回の充電距離が短くなります。しかし、近年の技術進歩により、日産リーフe+で約458km、テスラモデル3で約568kmなど、長距離走行可能なモデルも登場しています。

EVの価格は高いのか?

EVは一般的にガソリン車より高価ですが、国や自治体による補助金制度を活用すれば、実質的な購入価格を抑えられます。500万円以下の比較的リーズナブルなモデルもあります。今後、バッテリーコストの低下により、価格が下がっていく可能性があります。

EVの充電環境は整っているのか?

EVの使い勝手は充電環境に大きく影響されます。自宅に充電設備があれば便利ですが、マンションなどでは設置が難しい場合もあります。近年では、高速道路のサービスエリアなどに充電設備が整備されつつあり、徐々に改善されてきています。

EVはガソリン車に比べて環境性能が優れているのか?

EVは走行時にCO2を排出しないため、地球温暖化対策に貢献できます。ただし、電気の発電方式によっては、ガソリン車と比べてCO2排出量が大きくなる可能性もあります。発電方式次第では、EVのCO2排出量を大幅に削減できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました